• masa

5月6日:ファーン副首相記者会見「COVID-19に関する規制緩和のロードマップ提示」

先ほど、副首相兼保健相と公衆衛生局長が会見を開き、COVID-19に関する規制緩和について、以下のロードマップを発表しました。


5月17日

・高齢者ケア施設の訪問時間の延長


5月24日

・レストラン及びスナックバーは24時まで営業可能

・スイミングプールは午後8時まで

・ジムは再開可能、ただし教室などは開催不可

・デイセンターの再開

・17歳以上の、接触を伴うスポーツは再開


6月1日

・語学学校の対面授業再開

・結婚式は屋内は100名まで、屋外は300名まで開催可能

・ビーチでのマスク着用は必要なし


6月7日

・レストラン及びスナックバーは1席につき6名まで

・映画館及び劇場の再開

・バーは営業可能に

・無観客でのチームスポーツ再開可能 

・こども及びユースの接触を伴うスポーツの再開

・サマースクールの開校可能


また、今週より30代へのワクチン接種も始まり、すでに30-39歳人口の51%が登録を済ませたとのことです。あわせて、本日よりジョンソン&ジョンソン(JJ)のワクチン接種も開始したと発表しました。なお、これらのロードマップはあくまでも、このまま現在件数が低いまま今後も続けばという注釈付きです。

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示